アイキャッチ

大人になる方法は、ひとつじゃない

課題1

「この世界はどんな仕組みで、どんな仕事で成り立っていて、どんな生き方があるのだろう。」

学校と自宅とを往復する生活中心の中高生には、
そんな疑問が湧くことさえあたりまえではありません。

日常で触れる目の前の大人は、
親や親戚、学校や塾の先生に限られ、社会を動かす様々な仕事や未来の多様な選択肢を知る機会が十分ではありません。

皆さんにも、思い出してほしいのです。

中学生のときの夢や目標は、
いつのまにか消えてしまわなかったか。

チャレンジをすることもなく、
受験や就職活動の波に飲まれて諦めてしまわなかったか。

あるいは、思い描く将来がないまま、
みんながそうしているから、親や先生がそうしたほうがいいと言ったからと、
自分の進むべき道を決めてしまわなかったかを。

課題2
課題3

私たちが中高生だったあの頃よりも、現代の中高生はもっと速いスピードで変化する社会を生きています。

2030年には今ある職業の8割がなくなると言われる中で、
身近な職業の理解だけでなく、より多くのロールモデルに出会う中で、自分の将来を考え、自らの意思で目標を定め、実現できる力を身につけることが、これからのキャリア教育に必要なことだと考えます。

あなたの支援で、
子どもたちの未来を照らしませんか?

私たちの活動

私たちは、様々なバックグランドを持つ社会人ボランティアのコミュニティを持ち、
多様な大人が持つ”経験・生き方あり方”を中高生に届ける場つくりに、取り組んでいます。

出張型授業:ミライトーク

事業1

親でもない、先生でもない、大人との出会い。
普段の学校生活では出会うことのない社会人と、仕事観からライフスタイルまでFace to Faceで語り合い、将来を共に考える。こうした機会で、未来への扉を開くきっかけ作りを行います。

インタビューサイト:ロルモ

事業2

「自分もあの人の様になりたい」
憧れの人に出会うことが、将来の夢や目標を持つきっかけになる。
「ロルモ」は、中高生に語りかける100以上の社会人のライフストーリーを届けます。

あなたのご寄付でできること